オーランド ヒノスの今日この頃・・・

オールラウンドに生活したい家族の夢、願い、 ヒノスは頭文字・・・

武田鉄矢 今朝の三枚おろし テーマ&著書 2019年08月


武田鉄矢の朝のラジオ番組、「武田鉄矢・今朝の三枚おろし」8月に放送されたまとめ動画を紹介します。


お忙しくて本を読む機会の少ない方にお薦めです。

紹介された本に興味が湧いて購読される方も現れるのではと思っています。

新発見があると思いますので、是非一度聞いて見てください。

1本目
武田鉄矢 今朝の三枚おろし『負けるが勝ち』2019.08 2週間
・1週目(2019.08.05~08.09)


・2週目(2019.08.12~08.16)


著者とネタ本の紹介
著者プロフィール
稲垣 栄洋(いながき ひでひろ)
・1968年生まれ。
・静岡県出身。
・1993年岡山大学大学院農学研究科博士課程満期退学、農林水産省入省。
・1995年静岡県入庁。
・植物学者。
・静岡大学教授。
・2004年岐阜大学博士(農学)。

『敗者の生命史38億年 稲垣 栄洋/著 PHP研究所 2019年03月07日』




2本目
武田鉄矢 今朝の三枚おろし『山彦の子ら』2019.08 2週間
・1週目(2019.08.19~08.23)


・2週目(2019.08.26~08.30)


著者とネタ本の紹介
1冊目

ネタ本著者プロフィール
工藤隆雄(クドウタカオ)
・1953(昭和28)、青森県生まれ。。
・日本大学芸術学部文芸学科講師。
出版社勤務を経て、ノンフィクションから児童文学まで幅広い執筆活動を続けている。

『マタギ奇談 狩人たちの奇妙な語り 工藤隆雄/著 山と渓谷社 2016年10月』


2冊目
武藤 鉄城(むとう てつじょう)

・1896年、秋田市生まれ。
・慶應義塾大学中退。
・角館尋常高等小学校代用教員。
・東北帝国大学奥羽資料調査部嘱託、朝日新聞地方通信員。
・民俗学者、考古学者、郷土史家。
・1956年逝去。

『マタギ聞き書き その狩猟民俗と怪異譚 武藤 鉄城/著 河出書房新社 2017年04月17日』


今月は以上です。

次回もお楽しみに!

などと思う 今日この頃・・・
スポンサーサイト



武田鉄矢 今朝の三枚おろし テーマ&著書 2019年07月


武田鉄矢の朝のラジオ番組、「武田鉄矢・今朝の三枚おろし」7月に放送されたまとめ動画を紹介します。


お忙しくて本を読む機会の少ない方にお薦めです。

紹介された本に興味が湧いて購読される方も現れるのではと思っています。

新発見があると思いますので、是非一度聞いて見てください。

1本目
武田鉄矢 今朝の三枚おろし『誰も農業を知らない』2019.07 2週間
・1週目(2019.07.01~05)


・2週目(2019.07.08~12)



ネタ本著者プロフィール
有坪 民雄(ありつぼ たみお)
・1964年生まれ。
・兵庫県出身。
・香川大学経済学部経営学科卒業。
大学卒業後、船井総合研究所に勤務。
94年に退職後、専業農家に転じ、現在に至る。



楽天市場
誰も農業を知らない プロ農家だからわかる日本農業の未来 [ 有坪 民雄 ]


『誰も農業を知らない 有坪民雄/著 原書房 2018年12月12日』




2本目
武田鉄矢 今朝の三枚おろし『磐井の乱』2019.07 2週間
・1週目(2019.07.15~07.19)


・2週目(2019.07.22~07.26)


ネタ本著者プロフィール
関 裕二(せき ゆうじ)
・1959年生まれ。
・千葉県柏市出身。
・歴史評論家。
・1991年『聖徳太子は蘇我入鹿である』でデビュー。
以後古代をテーマに執筆活動を続けている。


楽天市場
磐井の乱の謎 [ 関 裕二 ]


『磐井の乱の謎 関 裕二/著 河出書房新社 2018年11月21日』



・誰でもすぐにできる 売上が上がるキャッチコピーの作り方


・バカ売れキーワード1000 キャッチコピーが面白いほど書ける


今月は以上です。

次回もお楽しみに!

などと思う 今日この頃・・・

武田鉄矢 今朝の三枚おろし テーマ&著書 2019年06月

武田鉄矢の朝のラジオ番組、「武田鉄矢・今朝の三枚おろし」6月に放送されたまとめ動画を紹介します。


お忙しくて本を読む機会の少ない方にお薦めです。

紹介された本に興味が湧いて購読される方も現れるのではと思っています。

新発見があると思いますので、是非一度聞いて見てください。

1本目
武田鉄矢 今朝の三枚おろし『街場の天皇論』2019.06 2週間(
・1週目(2019.06.03~06.07)


・2週目(2019.06.10~06.14)



ネタ本著者プロフィール
内田 樹(うちだ たつる)
・1950年9月30日生まれ。
・出身地:東京都
・東京大学文学部卒業。
・哲学研究者、思想家、倫理学者、武道家、翻訳家。
・神戸女学院大学名誉教授。


楽天市場
街場の天皇論 [ 内田 樹 ]


『街場の天皇論 内田樹/著 東洋経済新報社 2017年10月06日』




2本目
武田鉄矢 今朝の三枚おろし『吃音(きつおん)』2019.06 2週間
・1週目(2019.06.17~06.21)


・2週目(2019.06.24~06.28)


ネタ本著者プロフィール
近藤雄生(こんどうゆうき)
・1976年生まれ。
・東京都出身、京都在住。
・ライター。
・紀行文、ノンフィクション、エッセイ、理系記事・書籍などを執筆。
・京都造形芸術大学(2011―)、大谷大学(2012―)非常勤講師。

楽天市場
吃音 伝えられないもどかしさ [ 近藤 雄生 ]


『吃音 伝えられないもどかしさ 近藤雄生/著 新潮社 2019年01月31日』




今月は以上です。

次回もお楽しみに!

などと思う 今日この頃・・・


武田鉄矢 今朝の三枚おろし テーマ&著書 2019年05月

武田鉄矢の朝のラジオ番組、「武田鉄矢・今朝の三枚おろし」5月に放送されたまとめ動画を紹介します。


お忙しくて本を読む機会の少ない方にお薦めです。

紹介された本に興味が湧いて購読される方も現れるのではと思っています。

新発見があると思いますので、是非一度聞いて見てください。

1本目
武田鉄矢 今朝の三枚おろし『平成』1週間(2019)
・1週間(2019.04.29~05.03)



ネタ本著者プロフィール
武田 鉄矢(たけだ てつや)本名同じ

・1949年4月11日生まれ。
・福岡県福岡市出身。
・俳優、歌手、タレント、作詞家。
・海援隊のボーカル・リーダー。
「母に捧げるバラード」
ドラマ『3年B組金八先生シリーズ』など。


楽天市場



『アラ還とは面白きことと見つけたり 武田鉄矢/著 小学館文庫 2017年10月06日』




楽天市場



『人間力を高める読書法 武田鉄矢/著 プレジデント社 2016年12月17日頃』




2本目
武田鉄矢今朝の三枚おろし『バカシリーズ』3週間(2019)
・1週目(2019.05.06~05.10)


・2週目(2019.05.13~05.17)


・3週目(2019.05.20~05.24)



ネタ本著者プロフィール
・堀江 貴文(ほりえ たかふみ)
1972年10月29日生まれ。
福岡県八女市出身。
久留米大学附設中学校・高等学校卒業、東京大学文学部中退。
実業家、著作家、投資家、タレント。


・西野 亮廣(にしの あきひろ)
1980年7月3日生まれ。
兵庫県川西市出身。
絵本作家、お笑いタレント。

『バカとつき合うな 堀江貴文, 西野亮廣/著 徳間書店 2018年10月26日』

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バカとつき合うな [ 堀江貴文 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2019/6/7時点)



ネタ本著者プロフィール
生田 幸士(いくた こうじ)
1953年生まれ。
1977年、大阪大学工学部金属材料工学科卒業、及び1981年、同大学大学院修士課程生物工学専攻修了の後、1987年、東京工業大学大学院理工学研究科博士後期課程制御工学専攻修了(工学博士)。
論文の題は「形状記憶合金を用いたサーボアクチュエータの研究 」。
カリフォルニア大学サンタバーバラ校ロボットシステムセンター主任研究員、名古屋大学教授などを経て2010年4月より東京大学先端科学技術研究センター教授。同年紫綬褒章受章。
日本の工学者。


楽天市場
世界初は「バカ」がつくる! 「バカ」の育ち方あります! [ 生田幸士 ]


『世界初は「バカ」がつくる! 生田幸士/著 さくら舎 2019年02月08日』




今月は以上です。

次回もお楽しみに!

などと思う 今日この頃・・・



武田鉄矢 今朝の三枚おろし テーマ&著書 2019年04月


武田鉄矢の朝のラジオ番組、「武田鉄矢・今朝の三枚おろし
4月に放送されたまとめ動画を紹介します。


お忙しくて本を読む機会の少ない方にお薦めです。

紹介された本に興味が湧いて購読される方も
現れるのではと思っています。

新発見があると思いますので、是非一度聞いて見てください。

1本目
武田鉄矢今朝の三枚おろし『I'm ageing(アイ・アム エイジング)』2週間(2019)

・1週目(2019.04.01~04.05)


・2週目(2019.04.08~04.12)


ネタ本著者プロフィール
・ジョシュ・ミッテルドルフ,(Josh Mitteldorf)
ハーバード大学、ペンシルベニア大学で天文物理学を研究、博士号を取得後、理論生物学へと転じ、30年来、老化の研究をすすめている。現在、セントルイス・ワシントン大学、中国科学院北京生命研究所教授。ウェブサイトAgingAdvice.orgを運営し、ScienceBlog.comの週刊欄に寄稿している。MIT、ハーバード、カリフォルニア大学など、さまざまな大学で研究および指導を行っている。

ドリオン・セーガン(Dorion Sagan)
生物学者、環境保護哲学者。全米科学アカデミー会員。共著『生命とはなにか』『ミクロコスモス』『性の起源』などが、十数の言語に翻訳されている。『ナチュラル・ヒストリー』『スミソニアン』『ワイアード』『ニューヨーク・タイムズ』などに寄稿している。『コスモス』『コンタクト』などの著作で有名な天文学者、カール・セーガンの息子。

矢口誠(やぐち・まこと)
1962年生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。翻訳家・特撮映画研究家。主な翻訳書にレイ・ハリーハウゼン、トニー・ダルトン『レイ・ハリーハウゼン大全』(河出書房新社)、L・P・デイヴィス『虚構の男』(国書刊行会)、アダム・ファウアー『数学的にありえない』(文春文庫)、アビー・バーンスタイン『メイキング・オブ・マッドマックス 怒りのデス・ロード』(玄光社)等がある。

推薦コメント
「ヒトにだけ長い老後が用意されている。なぜか?
老化の積極的な意味を初めて明らかにした画期的な論考」
福岡伸一氏(生物学者)

『若返るクラゲ 老いないネズミ 老化する人間 ジョシュ・ミッテルドルフ.ドリオン・セーガン/著 矢口誠/訳 集英社インターナショナル 2018年10月26日』




2本目
武田鉄矢今朝の三枚おろし『諏訪大社』2週間(2019)

・1週目(2019.04.15~04.19)


・2週目(2019.04.22~04.26)


ネタ本著者プロフィール
・戸矢 学(とや まなぶ)

1953年生まれ。
埼玉県出身。
國學院大學文学部神道学科卒。
日本の歴史作家。

『諏訪の神 封印された縄文の血祭り 戸矢学/著 河出書房新社 2014年12月12日頃』





今月は以上です。

次回もお楽しみに!

などと思う 今日この頃・・・