相棒『season12』10月30日 第3話 あらすじ

【テレビ朝日系】10月30日 第3話 放送予定

杉下右京
警視庁特命係係長。警部。東大を主席で卒業。天才的な頭脳の持ち主
で正義感が強い。

かつては刑事部捜査二課の刑事として数多くの事件を解決していたが、
重箱の隅をつつくようなキメの細かい捜査で上層部が公にしたくない
事件の犯人まで追い詰めてしまい、特命係という閑職に追いやられた。

ところが、本人は全くそのことを気にしておらず、閑職に追いやられ
た今もなお抜群の名推理で次々と難事件を解決している。



第3話「原因菌」

「アプリティーボ」というレストランチェーンで食事をした人が、次々と倒れる

という事件が発生した。どうやら食中毒の可能性が高いが、そんな騒動の最中、

食品卸売商社社員・岡谷望(澤山薫)の他殺体が発見される。

 
偶然、食中毒の被害者を助けた享(成宮寛貴)は原因菌の捜査に動き始めるが、

右京(水谷豊)は殺人事件の捜査へ。鑑識の米沢(六角精児)によると、望の遺

体の首には特徴的な傷があるという。致命傷ではないようだが、何によってつい

た傷なのか。


食中毒の原因菌の捜査をする「アプリティーボ」へやってきた享は、そこで何か

を探す右京とばったり遭遇する。


やはり食中毒事件と殺人事件は関係があるのだろうか?


合流した二人は、「アプリティーボ」が調理済みの食品のみを使っていることを

知ると、その加工会社「ミヤ食品加工」へと向かう。


「ミヤ食品加工」の社長・円(赤塚真人)によると、「アプリティーボ」の料理

に使う材料は望の会社から仕入れており、営業の担当は望だった。


事件当夜、望が会社に来ることはなかったという円だが、右京はそこでスープや

ソースを作る「スープトップ」という機械に興味を示すのだが・・・。


ほぼ同時に起こった食中毒事件と殺人事件は関連があるのだろうか?


被害者についていた謎の傷跡と料理の味のわずかな変化から浮かび上がってきた

二つの事件の犯人とは?

次回のあらすじ第4話もお楽しみに!!


 にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ 
元気になりますように鼻ポチ

スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment