相棒『season12』12月4日 第8話 あらすじ

【テレビ朝日系】12月4日 第8話 放送予定

杉下右京
警視庁特命係係長。警部。東大を主席で卒業。天才的な頭脳の持ち主 で正義感が強い。

かつては刑事部捜査二課の刑事として数多くの事件を解決していたが、 重箱の隅をつつくようなキメの細かい捜査で上層部が公にしたくない 事件の犯人まで追い詰めてしまい、特命係という閑職に追いやられた。

ところが、本人は全くそのことを気にしておらず、閑職に追いやられ た今もなお抜群の名推理で次々と難事件を解決している。



第8話「最後の淑女」

右京(水谷豊)は、峯秋(石坂浩二)から小百合(大谷英子)という若い女性を紹介される。

母の遺品から20年前に自殺した文豪・夏河郷士(野崎海太郎)が書いたと思われるノートを発見したというのだ。

その内容から20年前の夏河の死は自殺ではなく、小百合の父が殺したのではないかと疑問を抱きはじめたという。さっそく捜査にかかる右京。米沢(六角精児)の鑑定では、ノートは確かに夏河によって書かれたものだという。
 
右京は享(成宮寛貴)を連れて夏河が住んでいた慈朝庵と呼ばれている大豪邸を訪ねる。夏河の死後、篤志家である江花須磨子(岩下志麻)という女性がその屋敷を買い取っていた。

右京らは須磨子の協力を得て、夏河の死が本当に自殺だったのか、それとも他殺なのか、屋敷内を調べ始める・・・。
 
ノートに残されていた「ホトトギスの罪」とは一体なんなのか!?


ゲストに岩下志麻を迎え20年前の文豪の自殺の真相を暴く!

ゲスト:岩下志麻

脚本:戸田山雅司

監督:橋本一

キャスト
水谷豊、成宮寛貴、鈴木杏樹、真飛聖、川原和久、大谷亮介、山中崇史
六角精児、山西惇、石坂浩二 ほか

次回のあらすじ第9話もお楽しみに!!


 にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ 
元気になりますように鼻ポチ

スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment