生活情報 リモート・ビューイング

「リモート・ビューイング」とは「遠隔透視」のことです。つまり、はるか遠くにある対象物についての情報を得る技術です。

この技術はアメリカ陸軍やCIAが、情報収集テクニックとして開発した極秘の軍事技術でした。敵国に潜入することなく軍事情報が入手できたといわれています。

その研究は1970年代に始まりました。当時、ソ連などの東ヨーロッパ諸国では超能力者を使ったスパイ活動が喧伝され、アメリカはそれに対抗するため超能力研究を始めました。

CIAの研究は、カリフォルニアにあるスタンフォード研究所で行われていました。ここで遠隔透視の研究に従事していたのがインゴ・スワンという超能力者です。

彼は、遠隔透視は五感と同じようなものととらえ、自分が遠隔透視する際、どういったプロセスを経るのか、自分自身を使って研究しました。そして、その技を普通の人に応用することを考えたのです。

実際、スタンフォードの研究員をトレーニングすることで、だれでもリモート・ビューイングが可能なことがはっきりしました。


>> レポートはこちらからダウンロードして下さい


ソファベッド(多機能ベッド) ニトリ 【送料無料・配送員設置】 【5年保証】 【新生活】

・午後のひととき♭♪♫♬ ♪

スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment