ブルーレイレコーダーが故障して気づいたこと

テレビ放送が2019年からネットでも
配信されるようなニュースを見て、
テレビ離れが進む中、ネットの方が
需要があるのかも知れない。

ネットでNHKを見る人から受信料を取る
仕組みについても議論を始めてるとか?


3年前に購入したBDレコーダーが故障した
ため、メーカーのサービスに問い合わせてみて
ビックリ。修理代¥20.000-弱、出張修理は別途
費用が掛かるとか。

¥40.000-程度のレコーダーを新たに購入した
方がいいような物言い、足元を見てるね。

故障箇所はレコーダーの裏にあるファンが
本体を冷却しないので電源が入ってもOFFに
なってしまう。

3番組を同時に録画できるというので購入
し、今時の機種は当然省エネだろうぐらいの
気持ちだった。


ところが性能がアップしたことによって
レコーダーは、番組情報を常に書き換えて
いるためいつでも仕事している。


テレビと違い主要電源をOFFに出来ないため
当然といえば当然。

シャープの電力見える化システムを利用して
レコーダーの待機時の消費電力を調べてみると
1時間当たり約16W。これが24時間365日。

一ヶ月当たり、録画を見なくてもおおよそ250円は
消費してることになる。


今時は、2週間分録画できるガラポンTVがある
とか。

テレビの好きな人には便利でしょうね。


不便も承知で外付けHDDで対応することにした。

冷蔵庫とレコーダーの1ヶ月の消費電力が
ほぼ同じと嘆く今日この頃・・・。
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment