新年早々、文科省の天下りとは情けない話ですね~。

新年早々、景気(皮肉)のいい話ですね。

「天下り」などという言葉そのものが
国民を愚ろうにしてますね。

天下り(あまくだり)とは、元々神道の用語で、
神が天界から地上に下ることを言うそうです。
「天降る」(Wikiより)

文部科学省が元高等教育局長の早稲田大への
天下りを斡旋するなど恥を知れと言いたいです。

隠れ天下り渡りなども存在するそうです。

これは立派な賄賂ですよ。犯罪です。

真面目に働いて細やかな給料・年金で暮らして
いるものには到底理解できない話ですね。

今年も愚痴でスタートしました。

ちょっと早いですが一般庶民は、恵方巻きに
期待を込めましょう。

今年(2017年)の恵方は壬(みずのえ)=北北西です。

2017年2月3日(金曜日)北北西を向いて
セブンイレブンの恵方巻きを食べて「福の神」に
来てもらいましょう。

セブンイレブンの恵方巻き1

そんなことを思う今日この頃・・・。




スポンサーサイト



2 Comments

直観馬券師  

天下り

防止法案を作る時に、
世の有識者が知恵を絞って作成したものが、
こうまで「ザル法」ってことは、
最初から抜け道を作ってまとめたんじゃないかと勘繰っちゃいますねv-12

2017/02/08 (Wed) 17:41 | REPLY |   

-  

天下り(甘下り)

直観馬券師さん
その通りですね。

体質は何時の世も変わらない、
金の亡者たちです。

情けないね~。
高級官僚が聞いて呆れるよ!

2017/02/09 (Thu) 09:38 | REPLY |   

Leave a comment