忘年会とタクシーと光のページェント

北海道札幌市中央区(すすきの)、歌舞伎町(東京都新宿区)、中洲(福岡市)を称して日本3大歓楽街と呼ばれています。

「杜の都仙台」にもあります。国分町「東北地方最大の歓楽街」と呼ばれてます。居酒屋・和食料理屋・スナック・バーといった 飲食店の他に、キャバクラなどの風俗店が立ち並びその数は、国分町2丁目と稲荷小路・虎屋横丁で約2350店。飲食街・歓楽街としての国分町全体で約2700店もあります。

若い方々には、バブル期という言葉そのものを知らないよな遠い話になってしまいましたが、私達中高年にはバブル期を語らずにはいられない連中が大勢いると思います。私もその一人です。
師走の忙しい時期、どこのお店もお客様であふれていました。帰りのタクシーが掴まるかどうか心配しながら何軒も梯子飲みしたものです。

今は昔、不景気風は止まず。まして今年は震災の影響で忘年会のお客様も非常に少ないです。
帰りの心配無用、遅くまで飲む人も少ない、梯子飲みも少ないのでタクシーの心配もいらない。
公共交通機関で帰れます。

お陰様で、タクシー業界は悲鳴を上げています。遠い近いは別としてご利用して頂けたら有難いです。
昔と違いドライバーの教育もしっかりしています。珍しくもありませんがナビも搭載してありますので安心です。何よりも親切な応対が一番だと思っています。

観光で仙台駅に降り立ったら仙都タクシー(黒色指定)に乗られたらきっと満足なさると思います。
連絡先  022-235-6131   長々と「杜の都仙台」夜の街の案内でした。

                              104_convert_20111229222836.jpg

12月31日まで光のページェントも開催中です。
095.jpg


昼の観光案内もして行きたいと思ってますのでよろしかったら覗いてみてください。







ニューメディアショップ hinosu
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment